精密板金の株式会社ムカイ

お問合せはこちらから Tel 0269-26-2863

メッセージ

代表取締役社長:向井 竜司

弊社では各種精密坂金加工と、ウォータージェット加工(特殊材切断)を、請け負っています。先代が昭和47年に(有)向井工業として始めたこの会社も多くのお客様に支えて頂きお陰様で40年以上経ちました。そしてこの度(株)ムカイとして一新することが出来ました。

工場移転.拡張と同時に設備(トルンプ複合機システム・アマダベンディングロボットシステム・ファイバー溶接機等)も追加致しました。 特に、時代の課題(人手不足等)克服のためシステム導入を推進し、また、顧客要求にさらに早く対応するために情報管理面の再構築を進行中です。工場を移転し拡大した今、その歩みは僅かでも末永くお客様に寄り添えるよう、新しい(株)ムカイの精密板金加工の姿を模索し挑戦して参ります。

加工技術の革新の流れは年々加速しており、少子化による働き手不足が課題となっています。弊社においてもこれに対応すべく、少人数でも生産性を更に向上させていくための製造プロセスを再構築して参ります。

「人がやるべきこと」と「マシンがやるべきこと」の明確なすみ分けを行う。

各工程の自動化推進とともに社内のデータを蓄積収集管理し、各製造プロセスに必要な情報を作業者にピンポイントでタイムリーに提供し人的ロス(指示待ち、思い込み、勘違い等)を低減させ、効率向上により顧客満足に貢献致します。

仕事は、作業と労働が融合し一つになります。「作業=体を動かして結果を出す」「労働=体と頭があって物事を良い結果に進めていく」。作業を自動化することによって、社員は純粋な労働が出来るようになっていきます。その結果、純度の高い労働が出来る会社を作っていきたいと考えています。

マシンは人員がいない間も長時間安定して動いてくれます。しかし、自動化へ人的ノウハウのインプット無しにはより高い成果を出せません。すみ分けを推進しつつ、人とマシンの利点を融合させ、人頭脳と機械性能を使って物を創造していく高レベルなものづくりをする工場を目指します。

「最小でも最大を目指して」

お客様とお互いに成長していける、そんな会社を創っていきたい。共に成長するWinWinな関係性であり、お客様が良ければ弊社も良くなり、それによって社員も良くなっていく。そんな「三方良し」な会社にしていきたいと考えております。

 

【ISO認証】

弊社は2001年1月16日にISO(品質システム規格)を取得認証しました。顧客より支給された図面をもとに、プログラムから始まりレーザー・パンチ複合加工、曲げ加工、溶接加工といった大まかな流れにより、機器・製造ラインの各種外装パネルやカバー・板金フレーム・各種部品の加工とウォータージェット切断による特殊材切断、を主に行っております。お客様に満足と安心感を与える製品創りをし、全員のチームワークで創り上げた製品をお届けしております。

 

業務内容・技術相談など、お気軽にお問合せください。

0269-26-0928
お問い合わせ